« 出しっぱなし病 | トップページ | 明日は和食決定 »

2016年1月10日 (日)

連載「私、スクラップブッキングを仕事にしました」 vol.8: ネットショップオープン

こんばんは。
長野県在住のスクラップブッキングデザイナー、川腰千夏です。


これまでの話は、以下からご覧くださいね。

clip プロローグ 「スクラップブッキングを文化にする」
clip プロローグ 「指針があれば行動できる」

連載「私、スクラップブッキングを仕事にしました」
clip vol.1  「最初から仕事でした」
clip vol.2  「資格は必要か?」
clip vol.3  「自分次第です」
clip vol.4  「出会い、そしてサヨナラ」
clip  vol.5 「クラスの告知方法は?」
clip  vol.6 「最初の生徒さん」
clip  vol.7  「応援あってこそ」

19

vol.8  「ネットショップオープン」

2004年4月にホームクラスをスタートさせたものの
生徒さんは2人だけという状態が1年続きました。

メモラビリアートで一緒に学んだ仲間と作品展を開いたり、
子育て支援センターでのクラス(1回)、
ホープページの作成
これが2004年にやったこと。

これでは仕事と呼べな~いbearing、ということで
新たな展開としてネットショップをオープンし、
オリジナルデザインのキットを販売することにしました。


この当時、
日本でスクラップブッキングのネットショップは
ほとんどなかったと思います。
あったとしても、
扱っているものはスクラップブッキングの材料だけ。

キット専門のネットショップは、
当店が日本で初めてだったかもしれません。



なぜ、材料の販売ではなく
キットという形にしたのかというと。

私がサクラクレパスの資格を取る際に出会った先生が
キットを販売していたから。
その先生のおかげで、
「キット販売」という考えが最初からありました。

そして、
当時はスクラップブッキングがほとんど知られていない時代。
どうやって使えばいいのかを伝えた方が
分かりやすいと思ったから。



ネットショップを開くにあたってのチェックポイントは、
使いやすさ見やすさはもちろん、
利用料金の安さ。
これがいちばんの決め手。
やっぱりリスクが怖かったのでcoldsweats01

いろいろ調べた結果、
今も利用しているおちゃのこネットにたどり着きました。
後に「独自ドメインコース」に変更したので、
料金は上がりましたが、
最初は月額500円のプランを利用していました。

独自ドメインに変えた理由は、
万が一おちゃのこネットが運営をやめるようなことがあったとしても、
ショップのアドレスは残るので
別のサービスに移行しやすいと知ったため。

利用し始めてから10年経ちますが、
その間にもいろんなサービスが始まったり、
高度なテンプレートが開発されたりと、
満足して使わせてもらっています。




そして、いよいよショップオープンの日。
2月8日がScrappers' Clubの誕生日です。

ご注文が入っているか、
毎日ドキドキしながらメールを開いていました。




そして、
ついにその日が!


2月の最後の日。
28日に1件のご注文を頂きました。

Img_4954

お客様は北海道の方。
「インターネットってすごいな~」と思ったのを覚えています。

長野に住んでいて
北海道の方に買って頂けるなんて。

当店は当初から先払いでお願いしていました。
ネットショップも今ほど普及していない時代。
どこの誰とも分からない私を信用して購入して頂けたことに
感謝の気持ちでいっぱいでした。

F4f1d3cc31

いちばん最初に購入して頂いたのは、
男の子の「入学式」キット。
サクラクレパスで注文できるアイテムだけで作ったので、
カードストックのみ。
Mrs.Grossmanのステッカーが懐かしいですhappy01

そう、最初の頃は写真が入っていないキットだったんです。



最初のお客様にご利用頂いてから
その後のショップの運営状況はと言うと・・・

3月は3名のご利用があり、
4月5月は1名、
6月10名、
7月7名、




0名という月がなかったのは
ある意味順調だったと言えるかもしれません。


127c077cce1

このキットで初めて写真入りの見本を作りました。
昭和感たっぷりのモデルは私ですsmile

Quickutzでひとつひとつアルファベットを抜くのが大変だったこと、
今も覚えています。


9accec6832

当時は写真整理をいちばんの目的としていたのか、
2ページレイアウトのキットが多かったです。


Img_5279

ショップ1年目は54種類のキットを制作
また、写真を貼るだけで完成する
「完成キット」というのも販売していました。

ちなみに。
当店の屋号「Scrappers' Club」は
「スクラッパーたちが集まるクラブ」という意味。

「Scrapper's Club」じゃなく「Scrappers' Club」。
「’」の場所がポイントです。
「1人のスクラッパー」ではなく「スクラッパーみんなのクラブ」。
複数形ってところにこだわりましたhappy01

つづく。

|

« 出しっぱなし病 | トップページ | 明日は和食決定 »

仕事日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出しっぱなし病 | トップページ | 明日は和食決定 »