写真

2016年1月22日 (金)

秘密兵器購入!

メーカーのサイトでよく見る動画。

真上から手元を撮影するのって、
どうすればいいんだろうって、ずっと気になってました。

Img_5439f

ジャジャーン!

Img_5440

先端に三脚のねじがついてるので
しっかり固定されます。

Img_4371

このスタンドを使って撮影しました。
両手が使えて嬉しい~happy02

これまでは、小さい三脚を使って
無理な姿勢で(笑)撮影してました。

Img_4376f

説明書に使う写真もうまく撮れる~。


私が利用したショップはこちら
気になる方はチェックしてみてくださいね。



スクラップブッキングデザイナー 川腰 千夏

 

| | コメント (0)

2016年1月 3日 (日)

写真の分割プリントについて

当店のキットの中には、
Lサイズの半分やLサイズの1/4など、
小さいサイズの写真を使ったデザインのものがあります。


Img_5183

Lサイズでプリントしたものをカットして使うこともできますが、
そうすると、残したい部分を切らなくてはいけないこともあるかもしれません。

分割プリントは、
写真を縮小してプリントしてくれるので
撮影したままのアングルで残すことができます。

分割プリントには、
one 家のプリンターで印刷する「おうちプリント」
two スマホのアプリ    
の2種類の方法があります。

ひとつずつ紹介していきましょう。


19


one 「おうちプリント編」

私はこれまでEPSONとCanon、
2つのメーカーのプリンターを使ってきました。


プリンターを購入すると、
CD-Rがついてくるので、それをパソコンにインストールするところからスタート!




EPSONは、「E-Photo」というソフトが起動します。

Img18

(画像はEPSONのHPからお借りしました)

左欄の「写真割り付け」から「2面」を選択すれば、
2分割の写真がプリントできます。
図にあるように、4分割や8分割プリントもできます。
詳しくはこちらをご覧ください。

このように、EPSONの分割プリントは、とっても簡単です。

 

一方、Canonは最初の設定が少し面倒。
Canonのソフトは「My Image Garden」といいます。

Img_4970

画面下の「新規作品」から「写真レイアウト」をクリックすると、

Img_4971

この画面が出てきます。

「フチなし」「用紙サイズ」を選択すると、

Img_4972

こんな画面になります。
次に、画面下の「レイアウト」をクリック。

Img_4974

2分割を選んで「OK」をクリック。

Img_4976

そうすると、画面の左上に「新規写真レイアウト」と出てくるので、
今自分が作ったレイアウトの名前を登録します。
右クリックすると「名前の変更」が出てきます。

これは一度登録しておけば次回から使えます。

私はよく使うレイアウトを5つ登録。
「L 縦」は「Lサイズで用紙が縦向きの2分割」という意味です。


まだ続きますよ~coldsweats01

次は、写真の選び方。

Img_5187

画面左側にある写真フォルダを選択すると、
右の画面にフォルダ内の写真が出てきます。

そこから、プリントしたい写真をクリックし(一度に何枚でも選べます)、

Img_5188

最初に作成したプログラム(ここでは「L 縦」)にドラッグして移動します。


Img_5195

移動した写真が上に表示されるので、
そこから、下の分割されたブロックにドラッグしていくと、

Img_5191

こうなります。

下の写真は「縦向き写真」なので、
右下にある矢印をクリックして、向きを変更。

Img_5192

できあがり~。
縦と横、違う向きの写真でも1度でプリントできます。

Img_4964

画面下の「ページの追加」をクリックすれば、
同じ分割方法で何枚もプリントできます。

EPSONもCanonも、
Lサイズ以外の用紙サイズにも分割プリントできます





two 「アプリ編」

aillis(アイリスというアプリで、
もともとLINEカメラだったものが、新しく生まれ変わったそうです。
うれしいことに、Android版もiPhone版もあります

これで、スマホに入っている写真も分割プリントができます。

 

手順はこちら。

Img_4308

スタート画面右下の「コラージュ」を選びます。

 

Img_4309

画面左下のアイコンをタップすると、
いろんなコラージュが出てきます。
2分割の最初は、スクラップブッキングに使えるシンプルな形。

緑色の部分をタップすると、「ギャラリー」と出るので、
スマホに保存されている写真を選んでください。

 

Img_4311

ちなみに、画面下の左から2番目のアイコンをタップすると、
角を丸くしたり、白いフレームをつけることもできます。

 

Img_4313

ギャラリーから写真を2枚選びました。

これをスマホのギャラリーに保存します。

 

Img_4316

ailllis専用のフォルダーが自動的に作られました。

 

Img_4315_2

カメラ屋さんでデータを渡して終了~。

満足いく画質でプリントできましたhappy01



Img_4314

4分割にもできます。

 

Img_4317

無料アプリには、広告が自動で印刷されるものがありますが、
「off」を選べば、広告はプリントされません。

「アプリ編」は以上です。

分割プリントできるようになると、
スクラップブッキングのデザインに幅が広がります。
ぜひ参考にしてくださいねhappy01

スクラップブッキングデザイナー 川腰 千夏
プロフィールはこちら

| | コメント (0)

2015年12月30日 (水)

写真の分割プリント 「アプリ編」

写真の分割プリント問題を解決するために、
12月クラスで生徒さんにアンケートをとりました。

そしたらほとんどの方がおうちプリントでしてcoldsweats01

定期的にスクラップブッキングをされる方にとっては、
思い立ったらすぐプリントできるプリンターを持ってると、
やっぱり便利。
「おうちプリント編」こちらをご覧ください。)



でも、スクラップブッキングを始めたばかりの方が
いきなりプリンターを購入するっていうのは
ハードルが高いですよね。

ネットでプリントを注文できるサイトは数あれど、
スクラップブッキングに欠かせない「分割プリント」をやってくれるところは
ほぼありません。
やっと見つけた!と思っても、気軽には注文できない値段だったりcoldsweats02

以前お客様に教えて頂いたスマホアプリでも
分割プリントができるんですけど、
私のAndroidスマホで加工すると、
なぜか画素数が小さくなってしまって、
写真屋さんでプリントしても、画像が荒くなってしまいました。

いろいろ試してもうまくいかなくて、
もう諦めかけていた時に、
伊那クラスで別のアプリを教えて頂くことができましたup


その名もaillis(アイリス)。
もともとLINEカメラだったものが、新しく生まれ変わったそうです。
うれしいことに、Android版もiPhone版もあります

結論から言うと、大成功でした!
これで、スマホに入っている写真も分割プリントができます。

前置きが長くなりましたが、早速手順を紹介します。

Img_4308

スタート画面右下の「コラージュ」を選びます。

Img_4309

画面左下のアイコンをタップすると、
いろんなコラージュが出てきます。
2分割の最初は、スクラップブッキングに使えるシンプルな形。

緑色の部分をタップすると、「ギャラリー」と出るので、
スマホに保存されている写真を選んでください。

Img_4311

ちなみに、画面下の左から2番目のアイコンをタップすると、
角を丸くしたり、白いフレームをつけることもできます。

Img_4313

ギャラリーから写真を2枚選びました。

これをスマホのギャラリーに保存します。

Img_4316

ailllis専用のフォルダーが自動的に作られました。

Img_4315_2

カメラ屋さんでデータを渡して終了~。

満足いく画質でプリントできましたhappy01



Img_4314

4分割にもできます。

Img_4317

無料アプリには、広告が自動で印刷されるものがありますが、
「off」を選べば、広告はプリントされません。

以上、「写真を分割プリントする方法」でした~。

年内にまとめることができて、
これで安心して年が越せます(笑)



スクラップブッキングデザイナー 川腰 千夏

| | コメント (0)

2015年12月26日 (土)

写真の分割プリント 「おうちプリント」編

以前、写真の分割プリントについてブログに書きましたが、
その調査smileが終わりましたので報告したいと思います。

Img_5183

今日はまず、家のプリンターで印刷する「おうちプリント」について。

私はこれまでEPSONとCanon、
2つのメーカーのプリンターを使ってきました。
ちなみに今はCanonを愛用中。


プリンターを購入すると、
CD-Rがついてくるので、それをパソコンにインストールするところからスタート!




EPSONは、「E-Photo」というソフトが起動します。

Img18

(画像はEPSONのHPからお借りしました)

左欄の「写真割り付け」から「2面」を選択すれば、
2分割の写真がプリントできます。
図にあるように、4分割や8分割プリントもできます。
詳しくはこちらをご覧ください。

このように、EPSONの分割プリントは、とっても簡単です。

 


一方、Canonは最初の設定が少し面倒。
Canonのソフトは「My Image Garden」といいます。

Img_4970

画面下の「新規作品」から「写真レイアウト」をクリックすると、

Img_4971

この画面が出てきます。

「フチなし」「用紙サイズ」を選択すると、

Img_4972

こんな画面になります。
次に、画面下の「レイアウト」をクリック。

Img_4974

2分割を選んで「OK」をクリック。

Img_4976

そうすると、画面の左上に「新規写真レイアウト」と出てくるので、
今自分が作ったレイアウトの名前を登録します。
右クリックすると「名前の変更」が出てきます。

これは一度登録しておけば次回から使えます。

私はよく使うレイアウトを5つ登録。
「L 縦」は「Lサイズで用紙が縦向きの2分割」という意味です。


まだ続きますよ~coldsweats01

次は、写真の選び方。

Img_5187

画面左側にある写真フォルダを選択すると、
右の画面にフォルダ内の写真が出てきます。

そこから、プリントしたい写真をクリックし(一度に何枚でも選べます)、

Img_5188

最初に作成したプログラム(ここでは「L 縦」)にドラッグして移動します。


Img_5195

移動した写真が上に表示されるので、
そこから、下の分割されたブロックにドラッグしていくと、

Img_5191

こうなります。

下の写真は「縦向き写真」なので、
右下にある矢印をクリックして、向きを変更。

Img_5192

できあがり~。
縦と横、違う向きの写真でも1度でプリントできます。

Img_4964

画面下の「ページの追加」をクリックすれば、
同じ分割方法で何枚もプリントできます。



以上です。


EPSONもCanonも、
Lサイズ以外の用紙サイズにも分割プリントできます




私はCanonに慣れてしまったので気になりませんが、
EPSONの方が簡単ですねcoldsweats01


「分割プリントの方法」以外に、
インクの色数や
プリンターの大きさ、
プリント1枚あたりにかかるコストなど、
ポイントはいっぱいあると思うので、
いろいろ比較することをお勧めします。

いや、むしろその他のことの方が大切ですねsmile



スマホで撮影した写真の分割方法については
「アプリ編」をご覧ください。



スクラップブッキングデザイナー 川腰 千夏
プロフィールはこちら

| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

写真の分割プリント

当店のキットの中には、
Lサイズの半分とか、1/4とか、
そういう小さいサイズの写真を使ったレイアウトもあります。

「5WAYキットvol.62」の4つめのレイアウトとか、
「love life」とか。

すでに現像してある写真を使う方も多いと思うので、
Lサイズで作れるレイアウトがいちばん作りやすいかな~と思うんですが、
そればっかりだと、どうしてもデザインが単調になってしまいます。

いろんなデザインで作りたいし、
たくさんの写真を入れたい。


そんなときに、小さいサイズの写真を使います。




岡谷カルチャーセンターの11月クラスで使った写真も
Lサイズの半分が中心でした。

スクラップブッキングを始めたばかりの方が多かったにもかかわらず、
この辺のことをしっかりお伝えすることができなかったので
プリントについて今月中にまとめようと思います。



先日もショップのお客様から、
「BABYの3WAYキット」についてお問い合わせを頂きました。

「1枚目のレイアウトの写真サイズが1/4ですが、
パソコンでプリントアウトするんでしょうか?」

その方は、
年賀状でしか使っていないご自宅のプリンターの説明書を確認したら、
1/4分割プリントできることが分かって、無事解決。
その事実に、衝撃を受けていらっしゃいましたsmile

最新版はもちろん、
5年前くらいのプリンターでしたら、分割プリントできると思うので
皆さんもぜひ調べてみてくださいね。


別のお客様からは、
スマホ内の写真を分割できる「PicCollage」というアプリを教えて頂きました。
iPhone版しかないかと思っていたら
Androidバージョンもありました~!

Img_4922

早速試して、写真屋さんでプリントしてきたんですが、
元の画像の画素数が低すぎて、
プリントの質がよく分からず・・・。

やり直して報告しますhappy01

スクラップブッキングデザイナー 川腰 千夏

| | コメント (0)